沖縄恩納村には数多くのダイビングスクールがあります。海に潜るだけならばライセンスは必要ないかと感じますが、実際には必要であり、まずはCカードの取得を目指します。沖縄の恩納村でのダイビングライセンスは国家資格ではなく、民間の指導団体が認定する資格であり、取得することによりダイビングに必要なスキルと知識が身に付いた証となり、より海を身近に感じることができます。

沖縄恩納村でダイビング

このCカードは日本において30以上もの団体が発行しています。明確な基準はないのですが、ダイビングスキルによってランク分けがされており、そのランクによって潜れる水深やダイビングポイントが異なります。明確な基準がないので、様々なショップがライセンスを取得できるようになっており、装備を貸し出すことを行わないショップもあります。そのためライセンス取得者が多い団体のCカードを取得することが大切になります。世界シェアの6割を占める、アメリカの指導団体のSDIのCカードであると海外でもダイビングを楽しむことができます。

沖縄恩納村でダイビングライセンスを取るならワールドダイビング

沖縄恩納村ダイビングライセンスで有名なのがワールドダイビングです。ワールドダイビングではこのSDIのCカードを取得できる団体であり、インストラクターの育成が充実している特徴があります。女性のインストラクターもいるので、女性一人で学びに来ても違和感はありません。またワールドダイビングの特徴として人気ナンバーワンの青の洞窟内でダイビングライセンスの取得を目指すことができ、観光も兼ねることができます。
Cカードの初級ライセンスであればプロのメンバーと一緒に水深12mまで自由に海の中を歩くことができ、受講後12か月以内で洗えば2ダイブでステップアップすることが可能です。もちろん初心者も可能であり、旅行の一つとして参加する場合は2泊3日から学ぶことができます。ダイバーになるためのSDIライセンスコースもあるためステップアップしたい人に向いているダイビングスクールです。

沖縄恩納村ダイビングライセンスはこちらから