ダイビングを心行くまで楽しみたいのなら、ライセンスを取ることから始めましょう

日本の最南端である沖縄には、数々のダイビングスポットがあります。

恩納村を筆頭に、良質のスポットがたくさんあるのが、沖縄ダイビングの特徴です。

これらのエリアでダイビングをするには、

ダイビングのライセンスが必要です。

もちろん、ライセンスがなくても出来る、

体験型のスキューバダイビングもありますが、

体験型のダイビングには、

インストラクターの指示に従って動かなければならないなど、色々と不便な点があります。

そういう体験型のダイビングとは違う、本格的なダイビングをしたい場合、

どうしても資格が必要になるのです。

このダイビングのライセンスには、2つのライセンスがありますが、

ただ海でダイビングをするだけなら、初心者向けのライセンスをとればそれで十分です。

このライセンスを取得すると、18メートルの深さまで潜ることができるので、

ダイビングの世界が一気に広がります。

このライセンスがないと、インストラクターの人に連れまわされながらダイビングをする、

ツアー旅行のようなダイビングしか出来ないので、

少数の友人と、自由にダイビングをしたいなら、

ダイビングライセンスを取りましょう。

幸い、このライセンスを取得するのはさほど難しくないので、

ダイビングに興味があるなら、一度取ることをオススメします。

ライセンスを取ったら、沖縄の恩納村を初めとした日本全国のダイビングスポットで、

心行くまでダイビングを楽しむことが出来ます。

なので、熱帯魚をはじめとした海の生き物や、美しい珊瑚礁を眺めたいなら、

まずはライセンスを取ることからはじめましょう。

沖縄ダイビングの撮影 水中写真